大規模国際スポーツイベントへの危機対応支援システムの適用―第8回札幌アジア冬季競技大会における「KADAN®」の活用―

小阪 尚子  小山 晃  倉 恒子  吉田 芳浩  岸 晃司  前田 裕二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.10   pp.1405-1413
発行日: 2018/10/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2017LIP0007
論文種別: 特集論文 (ライフインテリジェンスとオフィス情報システム論文特集)
専門分野: オフィスアプリケーション・オフィス支援
キーワード: 
危機対応,  ICS (Incident Command System),  ISO22320,  相互運用性,  SOP (Standard Operating Procedure),  

本文: PDF(1.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
大規模な国際スポーツイベントでは様々なリスクが想定される.大会を円滑・安全に運営するためには,各組織間の情報共有と連携が不可欠である.これまでに自然災害やサイバー攻撃等の複合リスクに対する危機対応を支援するシステム「KADANRMARKF」の研究開発を進めてきた.本論文では,2017年2月に開催された第8回札幌アジア冬季競技大会で本システムの適用可能性を評価した結果を報告する.事前準備として,体制の構築,標準的な運用フローの策定,危機対応の訓練を実施した上で,会期中に本システムを運用して各組織間でやり取りされた報告や連絡の分析,大会後のユーザ評価により,本システムの有効性が確認できた.