Improved Primary Characteristic Basis Function Methodによるレーダ断面積の高精度解析

田中 泰  稲沢 良夫  瀧川 道生  西岡 泰弘  米田 尚史  宮下 裕章  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J101-C   No.8   pp.300-311
公開日: 2018/07/10
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
Multilevel Approach,  CBFM (Characteristic Basis Function Method),  モーメント法,  レーダ断面積,  

本文: FreePDF(1.4MB)


あらまし: 
レーダ断面積の高精度解析方法として,著者らが提案するIP-CBFM (Improved Primary Characteristic Basis Function Method)についてまとめ,定式化している.更に,従来法との関連性を示し,Multilevel Approach利用時の解析精度劣化を改善する方法を示している.提案方法を用いて導体円柱及びマイクロストリップアレーアンテナのレーダ断面積を解析し,当該方法の有効性を検証している.