量子アニーリング―計算アルゴリズムの観点から―

田中 宗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J101-C   No.3   pp.166-171
公開日: 2018/02/13
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文
専門分野: 超伝導エレクトロニクス
キーワード: 
量子アニーリング,  組合せ最適化問題,  イジングモデル,  自然計算,  

本文: FreePDF(316KB)


あらまし: 
膨大な選択肢から最適な選択肢を探索する組合せ最適化問題に対し,現在,量子アニーリングと呼ばれる計算技術が注目を集めている.近年,量子アニーリングを実行することが可能な専用機が開発され,専用機を用いて組合せ最適化問題を解く取り組みも始まっている.量子アニーリング専用機を用いて組合せ最適化問題を解く際には,解きたい組合せ最適化問題をイジングモデルと呼ばれる統計力学モデルに変換し,それを入力することで計算を行う.また量子アニーリング専用機を用いず,古典計算機を用いた実装方法も存在する.本論文では,量子アニーリングの計算技術としての側面について焦点を絞り,解説する.