IF-over-Fiber技術を用いた多チャネル無線信号伝送

田中 和樹  キム ビョンゴン  小林 嵩  ベッカリ アブデルモウラ  難波 忍  西村 公佐  キム フーン  チャン ユン  鈴木 正敏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J101-C   No.2   pp.107-118
発行日: 2018/02/01
Online ISSN: 1881-0217
論文種別: 招待論文
専門分野: レーザ・量子エレクトロニクス
キーワード: 
IF-over-Fiber,  Radio-over-Fiber,  C-RAN,  モバイルフロントホール,  

本文: FreePDF(1.7MB)


あらまし: 
現在の1000倍以上のトラヒックが見込まれる5G以降の無線通信システムでは,ミリ波等の高い周波数帯の小セル局を多数設置して大容量トラヒックを収容する必要がある.小セル一局あたりの通信速度は数十Gbpsと想定され,光アクセス回線の大容量化は喫緊の課題である.更に,既に商用展開が進んでいるC-RAN構成は5G以降も有望なアーキテクチャーと考えられるものの,従来の光アクセス回線の伝送方式は通信速度の十数倍の伝送容量を必要とするため,代替技術が望まれる.光を搬送波として無線信号をアナログ波形のまま伝送するアナログRoF (A-RoF)伝送方式は,伝送帯域を大幅に低減可能で,有望な技術の一つである.本論文では,最初にA-RoF技術の既存適用例として,CATV伝送システムに用いられているIF-over-Fiber (IFoF)伝送方式を紹介する.更に,IFoF・A-RoF方式を無線基地局収容光回線へ適用した場合のシステム構成例を示す.続いて,数値シミュレーションによりIFoF伝送方式が適用可能な伝送条件の範囲を明らかにする.商用のLTE無線基地局及び実フィールドに設置された光ファイバを用いた実験を行い,数値シミュレーション結果との比較を行うとともに,IFoF伝送方式の商用システムへの適用可能性を示す.