Ω型共振素子を用いたカーペットクローキング及び偏波依存イリュージョンクローキング

藤本 優生  若島 慎一郎  出口 博之  辻 幹男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J101-C   No.12   pp.489-497
公開日: 2018/11/12
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 特集論文 (大学発マイクロ波論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
リフレクトアレー,  カーペットクローキング,  イリュージョンクローキング,  偏波依存素子,  

本文: PDF(2.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,広帯域にわたり直線的な反射位相特性を保つことができ,位相特性の傾きを制御することができる素子としてΩ型素子を提案している.まず,中心周波数一点だけでの位相をもとに設計した素子で構成された従来のものよりも広帯域化した位相特性を基に垂直偏波用素子を設計し,この素子を用いて一次元カーペットクロークを構成している.そして,近傍界の散乱電界分布を評価することで,比帯域約24%において,提案素子が良好に動作していることを確認している.また,本論文では新たな技術として,入射偏波によって物体像が見え隠れするような偏波依存イリュージョンクロークを提案している.偏波依存素子は両偏波において位相制御が可能となるようにΩ型素子を直交配置することで実現しており,これについては数値的検討に加え,実験的検討からも有用性を示している.