RF信号処理による入力振幅比制御型2軸指向性可変アレーアンテナ

豊田 一彦  田中 裕喜  西山 英輔  田中 高行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J101-C   No.12   pp.445-453
公開日: 2018/11/12
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 招待論文 (大学発マイクロ波論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
マジックT,  3給電アンテナ,  指向性可変,  位相誤差,  

本文: FreePDF(1MB)


あらまし: 
本論文では,平面型マジックTを用いたRF信号処理による入力振幅比制御型の2軸指向性可変アレーアンテナを提案し,その特性について理論,シミュレーション及び試作アンテナの測定により検討した結果を報告する.提案するアンテナは,2種類の平面型マジックTとマイクロストリップアンテナを組み合わせた同相/逆相3給電アレーアンテナを用いたものであり,三つの入力端子に入力する信号の振幅比を制御することによりアンテナの指向性を変えるものである.5.8 GHz帯の試作アンテナによりE面,H面とも約30度の指向性制御が実現できることを確認した.マイクロ波回路とアンテナを一体複合化することで,RF信号処理の機能をアンテナに組み込み,簡易な構成で指向性可変アレーアンテナを実現している.