ロッドインチューブ線引法によるマルチコア光ファイバの生産性の改善

永島 拓志  林 哲也  中西 哲也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.9   pp.798-805
発行日: 2018/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018JBP3011
論文種別: 論文
専門分野: 光ファイバ
キーワード: 
マルチコアファイバ,  SDM,  量産技術,  耐水素特性,  機械特性,  

本文: PDF(1.7MB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,マルチコアファイバ(MCF: Multi-Core Fiber)による伝送実験が盛んに報告されており,ファイバ1本当たりの伝送容量を飛躍的に改善できる可能性が示されている.その一方,MCFは既存の汎用シングルモード光ファイバ(SSMF: Standard Single-Mode optical fiber)の製造方法の適用が難しく,量産性が課題である.本論文では,MCFに適した製造方法としてロッドインチューブ線引法を提案し,その実用性を検証したのでその結果を報告する.