垂直面アレーを用いたアナログ-ディジタルハイブリッド型Massive MIMOの効果

満井 勉  西森 健太郎  谷口 諒太郎  平栗 健史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.9   pp.759-769
発行日: 2018/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018APP0002
論文種別: 特集論文 (次世代無線技術のためのアンテナ・伝搬及び関連システムの論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
Massive MIMO,  アンテナ配列,  ハイブリッド制御,  スモールセル,  

本文: PDF(1.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,第5世代移動通信(5G)のシステムでは,更なる周波数利用効率向上を目指し,マイクロ波帯以上の周波数を用いたスモールセルの導入が進められている.その中で多数の端末が増大する環境において,基地局のアンテナ数を多素子化するMassive MIMOが提案されている.本論文では,基地局アンテナの配列を,アナログ-ディジタルハイブリッド法を適用したMassive MIMOのチャネル容量の観点から評価した.アンテナの配列の違いによってチャネル容量が大きく変化することを示すとともに,アンテナ配列が水平若しくは垂直の1次元配列になる構成がチャネル容量を最も高くできることを示す.垂直方向の1次元配列の構成は,今までの移動通信用基地局アンテナと同様に導入が容易であるため,垂直面アレーがMassive MIMOの基地局構成として有効であることを示す.