周期的に孔のあいた金属筐体のkHz帯における磁界シールド効果の改善

大戸井 慶人  須賀 良介  上野 伴希  橋本 修  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.7   pp.539-545
発行日: 2018/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2017WFP0005
論文種別: 特集論文 (通信の未来をつくる若手研究者のための論文特集)
専門分野: 電磁環境・EMC
キーワード: 
金属筐体,  孔あき金属板,  二層構造,  磁界シールド効果,  kHz帯,  

本文: PDF(2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,周期的に孔のあいた金属筐体のkHz帯における磁界シールド効果の改善について検討した.まず,孔によるシールド効果の劣化原因について検討し,孔に流れる表面電流によって発生する磁界を抑制する必要があることを明らかにした.そこで,その電流経路を遮断するために孔のあいた金属板の二層構造を提案し,その積層間隔及び周波数に対するシールド効果を評価した.測定結果より,二層のシールド効果は単層の孔のあいた金属板と比較して最大で19dB改善し,二層構造の有効性を実験的に示した.