無瞬断光波長信号切替えを実現する波長ダイバシティ方式におけるレーザ位相雑音補償のための信号処理構成法と位相推定法

那賀 明  冨田 和希  村山 直駿  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.6   pp.454-462
発行日: 2018/06/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2017JBP3053
論文種別: 論文
専門分野: 光ファイバ伝送
キーワード: 
デジタルコヒーレント光通信,  MIMO,  波長ダイバシティ,  無瞬断経路切替え,  光波長再配置,  

本文: PDF(1.8MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文は,デジタルコヒーレント光通信方式を応用し,MIMO信号処理により複数波長を最大比合成する波長ダイバシティ方式における信号処理構成法及び位相推定法を検討する.波長ダイバシティ方式は,無瞬断での光波長再配置や経路切替え機能を有し,フレキシブルフォトニックネットワーク実現の鍵となる有望な技術である.本論文では,二つの波長信号の送受信器に独立したレーザを適用した波長ダイバシティ方式のシステム構成において,2段構成のMIMO信号処理と累積位相法によるキャリア位相推定を適用することにより,各レーザの位相雑音を補償し,その影響を回避可能であることを,数値解析を通して示す.更に,偏波変動に対する受信特性のMIMO信号処理のステップサイズパラメータ依存性の解析・評価を通し,2段構成の各段の信号処理の設計について論ずる.