オンデマンド屋内位置情報サービスに向けた分散測位型アドホック測位ネットワーク

石田 繁巳  田頭 茂明  荒川 豊  福田 晃  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.5   pp.357-371
発行日: 2018/05/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2017MOP0006
論文種別: 特集論文 (IoT/5Gの進展を担うモバイルネットワークとアプリケーション論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
オンデマンド,  位置情報サービス,  アドホック測位ネットワーク,  Wi-Fiメッシュネットワーク,  

本文: PDF(2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,「オンデマンド」な屋内位置情報サービスの実現に向けた分散測位型AWPN(アドホック測位ネットワーク)を示す.位置情報サービスのオンデマンド性にはサービス提供者視点・ユーザ視点の二つの視点があり,両方を同時に実現することが重要である.これに向け,分散測位型AWPNでは筆者らの先行研究であるAWPNを利用し,Webサービスとして位置情報サービスを実装する.AWPNはWi-Fi AP(アクセスポイント)によるメッシュネットワークを用いた測位システムであり,ネットワーク規模の増加とともに通信の輻輳が問題となることから,各AP上で測位計算を行い測位のための通信を分散させる.九州大学キャンパス内で実証評価を行い,分散測位型AWPNを用いて220ミリ秒以内にWi-Fi端末を測位できることを確認した.また,シミュレーションによって通信量を評価し,1台の測位サーバをAWPNに接続して測位を行う場合に比べて約24%通信量を削減できることを確認した.