固有ベクトルビームスペース法における信号分離のための固有ベクトル合成法

間宮 拓朗  藤元 美俊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.4   pp.280-289
発行日: 2018/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2017JBP3034
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
アレーアンテナ,  固有ベクトルビームスペース法,  EBAA,  信号分離,  

本文: PDF(1.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
到来波情報を必要としないブラインド信号分離アルゴリズムとして固有ベクトルビームスペース法(EBAA)が知られている.しかし,EBAAでは到来波間の電力差が小さい場合に信号分離性能が低下するという問題がある.そこで,到来波数が2の条件においてEBAAの固有ベクトル合成を用いた信号分離法が提案されている.本論文では,固有ベクトル合成における位相・振幅係数をより簡易に求めることが可能な固有ベクトル合成法を提案する.提案法では,EBAAの特性と固有ベクトル合成における合成パラメータである位相・振幅係数との関係を明らかにすることで,合成パラメータを簡易に決定することを可能にしている.また,シミュレーションによって信号分離性能が明らかにされており,EBAAと比較して干渉抑圧特性が向上していることが示されている.