パッシブ電波センサの方位追尾情報を利用した目標捕捉におけるレーダビーム配列の最適化設計

山田 哲太郎  小幡 康  原田 哲治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.2   pp.146-154
発行日: 2018/02/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 特集論文 (通信技術の進歩に寄与する学生論文特集)
専門分野: 計測,探査
キーワード: 
レーダ,  捜索,  追尾,  ビームマネージメント,  最適化,  センサフュージョン,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
レーダ捜索において,ビームマネージメントの効率化は重要な問題である.従来の追尾レーダでは目標の予測方位にビームを走査するが,予測方位の精度が悪い場合には単純なビーム走査では探知精度が劣化するという課題がある.本論文では,パッシブ電波センサ等の精度の悪い方位情報を前提とした追尾連携型のレーダのビーム配列最適化方式を提案する.提案方式は,パッシブ電波センサから得られる方位観測値を追尾し,追尾平滑誤差の分散に応じて方位センサの誤差分布で平均化した探知確率を最大化するようにレーダのビーム配列を最適化する方式である.シミュレーション評価の結果,提案方式は少ないビーム数で探知確率を向上させることができることを確認した.