沿岸漁業を支援する海上海中環境観測システムの開発と実証実験・評価

田中 駿  山本 寛  山崎 克之  
(システム開発・ソフトウェア開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.1   pp.31-40
発行日: 2018/01/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2017IAP0003
論文種別: 特集論文 (ネットワーク社会に向けたインターネットアーキテクチャ論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
無線通信,  センシングシステム,  Webカメラ,  浮上ブイ,  

本文: PDF(3.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
沿岸漁業の一種である定置網漁業は漁場が陸地から遠いため,到着するまでに時間がかかってしまい,移動だけでもコストが発生する.また,同様の理由から漁師は前もって定置網に捕えられた魚の種類や量を知ることができないため,効率的な漁をすることが困難である.従来のシステムでは機材が大きく,高価であるため,沿岸漁業支援には適していないという問題がある.そこで,本論文では定置網周辺の環境を観測可能な新しいセンシングシステムを提案する.提案システムはWebカメラと各種低コストセンサによって構成されている.実地実験は東松島市の沖合にある漁場にて行われ,定置網にシステムを固定して漁場周辺のデータを測定した.そして,実験で取得した加速度・方位データを複合的に解析することで,水中における魚の活動に直接的な影響を与える潮流の向き・大きさを推定する方法を確立した.更に,気象庁の環境データと漁獲量を分析し,関係性を見出すことで提案システムによるデータ取得の有用性について評価を行った.