高SHF帯・広帯域Massive MIMO無線アクセス向けビーム制御

福井 範行  武 啓二郎  岡村 敦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.12   pp.1083-1092
発行日: 2018/12/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018JBP3013
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
第5世代移動通信システム,  高SHF帯,  Massive MIMO,  Dual Connectivity,  ビーム制御,  

本文: PDF(1.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
第5世代移動通信システムでもDual Connectivityが想定され,セカンダリ基地局はビームフォーミングを適用することが考えられる.端末がセカンダリ基地局を切り替えるとき,切替先セカンダリ基地局が端末で特定した1ビームのみを用いて接続動作を行うと,端末移動のため,接続確立に失敗する可能性が高くなる.そこで特定ビームに加え,その隣接ビームも同時使用して接続動作を行うビーム制御を提案する.提案の複数ビーム利用接続確立方式により,特定ビームのみを用いる場合に比べ,端末移動速度30 km/hのときにセカンダリ基地局の切替失敗率を63%以上改善できることを簡易モデル解析とシミュレーションで示している.