電力スケーリング誤り訂正による光通信網の低消費電力化

亀谷 聡一朗  石井 健二  久保 和夫  吉田 英夫  杉原 隆嗣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.12   pp.1036-1044
発行日: 2018/12/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018PHP0004
論文種別: 特集論文 (ポスト2020年に向けたフォトニックネットワーク論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
光通信網,  低消費電力化,  誤り訂正,  

本文: PDF(1.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
コア・メトロ領域の光通信システムにおける指数関数的な消費電力の増加を抑制すべく,誤り訂正処理の低電力化と通信容量に合わせた回路休止に加え,これらを連動させて更なる低電力化を実現する光通信システムの運用方式を提案する.消費電力を必要な符号化利得に応じて可変とする誤り訂正方式を導入することで,物理的な伝送距離に依存した電力削減が可能となると同時に,論理的なトラヒック変動も変調方式の変更を通じて電力削減へと転化することが可能となる.JPNモデルを利用した国内トラヒック変動に対する検討においては通信網全体で80%以上の電力が削減可能との結果が得られた.