磁界結合によるポジションフリー海中ワイヤレス電力伝送システムの実験検討

江口 和弘  川田 壮一  岡本 克也  枷場 亮祐  小柳 芳雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.11   pp.958-967
発行日: 2018/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018EEP0007
論文種別: 特集論文 (新たな広がりを見せる電子通信エネルギー技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
ワイヤレス電力伝送,  磁界結合,  海中移動体,  AUV,  海中,  多段コイル,  ポジションフリー,  

本文: PDF(2.7MB)
>>論文を購入


あらまし: 
AUV(Autonomous Underwater Vehicle)は海底調査や資源探査などで使用され,今後海中ドローンの開発などで利用範囲が更に広がると考えられる.しかし,AUVは電池駆動のため一定時間活動した後は海中から引上げ充電する必要がある.このため,海中でワイヤレス充電ができれば,運用時間を大幅に伸ばすことができる.本研究では,磁界結合方式による海中ワイヤレス電力伝送の基礎的検討を行う.2段の直径1mコイルを用いて海中でのコイル特性や電力効率を測定する.更に海中でAUVを完全に静止させるのは難しいため,ポジションフリーで充電できるシステム設計や実験検討を行う.