太陽光発電電力量予測及び電力需要予測に基づくマイクログリッドの商用電力平準化

阿波田 宙  谷内 利明  
(システム開発・ソフトウェア開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.11   pp.928-934
発行日: 2018/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018EEP0001
論文種別: 特集論文 (新たな広がりを見せる電子通信エネルギー技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
商用電力平準化,  分類木法,  通信ビル,  電力需要予測,  太陽光発電電力量予測,  

本文: PDF(1.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
エネルギー資源の有効活用のため,商用電力に加えて太陽光発電などの分散型発電システムをもつマイクログリッドの開発が進められている.マイクログリッドでは,太陽光発電電力を最大限に活用し,かつ商用電力の平準化による電力料金の低減のため,蓄電池システムが導入される.本論文では,通信ビル等のマイクログリッドシステムにおいて,太陽光発電電力量予測及び電力需要予測に基づく商用電力の効率的な平準化について検討した.予測には簡易な分類木法を用い,太陽光発電電力予測では月と天候の組合せによる分類が,電力需要予測では最高気温による分類が有効であることを示した.この予測の導入により,平準化の施策を行わないときに比較して商用電力需要の変動を約半減することができた.また,有効な平準化を行うのに必要な蓄電池容量が平均電力需要の約20%であることを示した.