TCP/IPデータ転送高速化システムの開発と実証

長谷川 洋平  甲藤 二郎  
(システム開発・ソフトウェア開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J101-B   No.10   pp.841-856
発行日: 2018/10/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018JBP3004
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
TCP/IP,  オーバレイネットワーク,  輻輳制御,  流量制御,  

本文: PDF(2.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,TCP/IPデータ転送高速化システムを提案し,その開発と実証について報告する.提案システムは通信プロトコルの動作方法を従来よりも幅広く調整でき,衛星通信や海底ケーブルといった遅延の大きな通信や,光空間通信やミリ波通信などエラー率の高い無線通信の特性に対応したTCP制御によるオーバレイネットワークを構築できる.また,提案システムは複数のオーバレイネットワークノード間で性能モデルを決定する輻輳制御機能や,オーバレイネットワーク外の端末向けの通信高速化機能を有する.これらにより,キューイング遅延を最大99%低減し,スループットを最大500倍改善するなどの効果も確認し,従来では解決が難しかった箇所で大幅な性能改善を達成した.また,本論文では提案システムの実証例として日本から米国内のユーザ向けのストレージサービスにてデータ転送を約10倍高速化し,日本国内のユーザ向けと同等の速度発揮を実証したことなども報告する.