任意の微分階数を実現できる直線位相低域通過・帯域通過最大平たんFIRディジタル微分器

吉田 嵩  國井 良介  中本 昌由  相川 直幸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J101-A   No.6   pp.119-125
発行日: 2018/06/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 特集論文 (回路とシステム論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
FIRディジタル微分器,  最大平たん,  高階微分,  閉じた式,  

本文: PDF(788.8KB)
>>論文を購入


あらまし: 
直線位相低域通過・帯域通過最大平たんFIRディジタルn階微分器(nN)は,入力信号のノイズを除去しつつω=ω0近傍において高精度なn階微分推定が可能であることが知られている.しかしながら,従来法ではnが奇数のとき低域通過最大平たんFIRディジタルn階微分器を実現できず,また,n>1に対する帯域通過最大平たんFIRディジタルn階微分器の実現方法も知られていない.そこで本論文では,任意のnに対して低域通過特性・帯域通過特性を実現できる,直線位相最大平たんFIRディジタルn階微分器の設計法を提案する.提案法では,まず任意のnを選択できるような形で制約条件を定式化する.その後,多項定理を用いることで直線位相低域通過・帯域通過FIRディジタル1階微分器を拡張し,制約条件を満たす閉じた振幅関数を導出する.提案法は低域通過・帯域通過を問わず,nとフィルタ次数,ω0とその平たん度を決めるパラメータの四つを指定するだけで設計が可能である.