ファジー推論によるハーフピクセルを用いた画像の任意拡大法改良の検討

小林 恵太  辻 裕之  木村 誠聡  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J101-A   No.2   pp.22-26
発行日: 2018/02/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
画像拡大,  任意拡大,  ハーフピクセル,  

本文: PDF(1.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
線形補間法を用いた画像の拡大処理では,一般に画像信号に含まれるエッジや細部といった高周波数成分を保存できないため,画像にボケが生じるとともに,細線なども良好に補間することができない.本論文ではハーフピクセルを利用し,ファジー推論に基づき画像を任意拡大倍率で補間する手法に着目し,その改良を行う.具体的には,その生成の手法において細線を構成する信号とエッジを構成する信号の区別を考慮した新しいハーフピクセル生成手法を提案する.本提案法を利用することで従来法に比べ,エッジ信号や細部のみならず細線の構成も良好な結果を示すことを実験により確認した.