射影変換と物体追跡に基づく効率的映像符号化

高村 誠之  清水 淳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J100-D   No.9   pp.839-841
発行日: 2017/09/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集レター (画像符号化・映像メディア処理論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
H. 265/HEVC,  JVET,  映像符号化,  射影変換,  

本文: PDF(629.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
簡易な移動モデルに基づき,映像フレーム間で物体を追跡・位置合わせし,撮像雑音の低減と圧縮率の改善を両立する符号化方式を提案する.特定の部分切り出し映像において,本方式は輝度信号のBD-RateでHEVC参照ソフトウェアHM16.4比31〜41%,次世代映像符号化検討チームJVET参照ソフトウェアJEM2.0比26〜33%の利得を実現した.提案手法で予測残差を符号化しない場合,HM16.4比で圧縮率が140〜240倍でありながら主観画質はより高かった.