だ円運動におけるべき乗則の左右差と個人差

大山 剛史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J100-D   No.4   pp.580-583
発行日: 2017/04/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
だ円運動,  べき乗則,  利き手,  ラテラリティ,  

本文: PDF(242.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
ヒトの上肢の曲線運動において,運動軌道の速度と曲率の間にべき乗則の関係が成り立つことが知られている.本研究はだ円運動においてべき乗則及び関連するパラメータが利き手や個人差によってどのように変化するかを調べた.