わずかな感情変化を表現可能なアンドロイド動作の生成モデルの提案

境 くりま  港 隆史  石井 カルロス寿憲  石黒 浩  
(学生論文特集秀逸論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J100-D   No.3   pp.310-320
発行日: 2017/03/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: マルチメディア処理
キーワード: 
感情動作,  発話動作,  細かな感情表現,  アンドロイド,  

本文: FreePDF(3.3MB)


あらまし: 
人間はわずかな感情や態度の変化を細かな動作の変化で表現することにより,対話相手に様々な感情や態度を伝達することができる.更にそれらが場の雰囲気を形成し,対話しやすさの促進などの効果をもたらす.人間に酷似したアンドロイドで人間同様に感情や態度を伝達するためには,感情の連続的な変化に対応するように動作特徴(動作の振幅や速度など)を変化させることができる動作生成手法が必要となる.人間では感情が身体の筋系に影響を及ぼして身体動作を変化させていることを踏まえると,筋系の振る舞いをモデル化した動作生成手法において,筋系のパラメータと感情状態を対応づけることで,上記のような動作生成手法が構築できると考えられる.本論文では,対話において常時現れる発話動作に着目し,著者らがこれまでに提案した音声駆動頭部動作生成システムのパラメータ空間と感情空間の対応関係を実験により明らかにした.このマッピングを用いて,感情の細かな変化を表現するように動作を変調することができる発話動作生成システムを提案する.