流線コード:カラーパターンの残像を用いた情報伝達

増田 翔平  神納 貴生  栗山 繁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J100-D   No.2   pp.142-149
発行日: 2017/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2016CWP0001
論文種別: 特集論文 (サイバーワールド論文特集)
専門分野: ヒューマンコンピュータインタラクション
キーワード: 
カラーパターンコード,  ジェスチャ操作,  画像センサ通信,  流線コード,  残像,  

本文: PDF(1.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
バーコードやQRコードに代表される,幾何的なパターンのコードにメッセージやデータの情報を埋め込んで伝達する画像センサ通信は,印刷物やディスプレイ上に表示されたコードをカメラ撮影した画像から情報を復号して読み取る.本研究では,このようなコードに基づく通信方式に対してジェスチャ操作を組み込むことを目的とし,カラーパターンで構成されるコードが表示されたスマートフォンをカメラと正対させながら上下左右の4方向に振って動かすことで,コードに埋め込んだ情報と手振り動作の方向を同時に伝達する機構を構築する.提案方式によるコードの読取精度を様々な実環境で実験的に検証した結果,7〜15ビット程度のデータを安定に復号できることが実証された.