身体と外見の共起属性を用いた人物対応付け

中野 翔太  四元 辰平  吉村 宏紀  西山 正志  岩井 儀雄  菅原 一孔  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J100-D   No.1   pp.104-114
発行日: 2017/01/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
人物対応付け,  特徴抽出,  共起属性,  身体的手がかり,  外見的手がかり,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,複数カメラで得た人物画像を検索するために,身体と外見の共起属性を用いて人物を対応付ける手法について述べる.既存手法は性別や服装といった単一属性を用いて人物対応付けを行っていたが,提案手法は身体と外見の共起属性を用いてより詳細な手がかりを抽出し対応付けの性能向上を狙う.共起属性は,例えばスカートの女性など,身体的な手がかりと外見的な手がかりを組合せることで表される.提案手法は,共起属性を推定する識別器を事前に学習しておき,人物画像が与えられると共起属性の確信度を算出し,得られた確信度をその人物画像の特徴量とする.対応付けに有効な共起属性を重視するために計量学習を用いて特徴量間の距離を算出する.複数の公開データベースを用いた人物対応付けの実験により,単一属性を用いる既存手法に比べて共起属性を用いる提案手法が有効であることを確認した.また,対応付けの性能向上に寄与する共起属性を解析する手法を設計し,身体と外見の共起属性が有効であることを確認した.