対話音声合成の表現力向上に向けた文末詞と音調の組合せによる発話意図の表現に関する実験的検討

岩田 和彦  小林 哲則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J100-D   No.11   pp.938-948
発行日: 2017/11/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
音声合成,  文末音調,  文末詞,  発話意図,  対話音声,  

本文: PDF(1.9MB)
>>論文を購入


あらまし: 
合成音声で発話意図を確実に伝えられる表現方法の確立を目指し,伝えたい意図と文末詞の組合せに適した文末音調をテンプレートの中から選択して付与する音声合成手法を提案する.その実現に向け,文末詞とその音調の組合せに焦点を当て,それらと聞き手に伝わる意図との関係を合成音声の聴取実験を通して明らかにした.約2,000文の対話調音声の文末音節の基本周波数(F0)形状を階層的クラスタリングにより分類することで,そのバリエーションの多彩さを確認するとともに,様々な文末音調を生成する際に必要となる具体的なF0形状のテンプレートを獲得した.更に,計算上でのクラスタの分割により生成された対を成す二つのクラスタのセントロイドが聴感上でも差異が認められる音調となっているかを,対比較実験により確認した.この結果を利用して音調としての差異が顕著であることを基準としてテンプレートを6種類に絞り込み,それらを種々の文末詞の音調として付与した合成音声の聴取実験を行った.その結果から,伝えたい意図に応じて文末詞と音調の組合せに適不適があることを具体的に明らかにし,対話音声合成における文末音調の適切な制御の必要性を例証した.