高速不揮発メモリ搭載システムにおける永続データのためのScalaライブラリ

明畠 利樹  山崎 憲一  
(システム開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J100-D   No.11   pp.907-916
発行日: 2017/11/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェアシステム
キーワード: 
不揮発メモリ,  永続化,  関数型言語,  Scala,  

本文: PDF(495.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
高速不揮発性メモリ(NVM)の開発が順調に進めば,従来のDRAMとハードディスクが全てNVMに置き換えられる可能性がある.本論文では,そのようなアーキテクチャの計算機を想定する.NVM上に置かれたデータは,電源喪失などの障害が起きても保持されるが,そのデータを再利用することは現在のプログラム言語では想定されておらず,問題が生じる.また,データ更新中に障害が起きた場合には,データが矛盾状態になるという問題もある.本研究で提案するライブラリは,NVM上のデータにグローバルな名前を付けることで,後での再実行でもそのデータを再利用することを可能とする.また,障害に対するデータの一貫性保持のための原子的更新の機能を有する.特に実装上の課題としては,メモリキャッシュのためにデータがNVMに確実に書き出されないという問題がある.これを解決した上で原子的更新を実装するために,ソフトウェアトランザクショナルメモリと類似の実装方法を提案する.本論文では,以上についての設計と実装について述べたのち,実験等により提案を評価する.