FDTD法における非線形素子の取り扱いに関するニュートン法の改良

丹治 裕一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J100-C   No.9   pp.384-387
公開日: 2017/08/09
Online ISSN: 1881-0217
論文種別: ショートノート
専門分野: 
キーワード: 
数値電磁界解析,  非線形素子,  ニュートン・ラフソン法,  Sherman-Morrison-Woodburyの公式,  

本文: PDF(479.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
FDTD法は数値電磁界解析法として広く知られているが,非線形(集中定数)素子が系に接続される場合には,基本的にその寸法は1セルに限定され,ニュートン法による解析が行われていた.本論文では,非線形素子の寸法が複数セルに渡る場合のニュートン法の改良について提案を行う.例題により,本手法の正当性を確認した.