レーザガスセンシング技術を用いた安定同位体比分析とその応用

吉村 了行  保井 孝子  界 義久  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J100-C   No.8   pp.310-315
公開日: 2017/07/14
Online ISSN: 1881-0217
論文種別: 招待論文
専門分野: レーザ・量子エレクトロニクス
キーワード: 
レーザガスセンシング,  レーザ吸収分光法,  安定同位体比,  産地推定,  

本文: PDF(601.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
レーザガスセンシング技術は温室効果ガスモニタをはじめ,様々な分野で使われている技術であるが,近年,安定同位体比分析への応用ができるようになり注目されている.本論文では,レーザガスセンシング技術の特徴と応用例について,なかでも特に安定同位体比分析による食品・飲料品の産地・原料など起源・由来に関する情報推定への応用を中心に紹介する.