FDTD法による地中レーダを用いた鉄筋コンクリート下の空洞検出特性

園田 潤  昆 太一  佐藤 源之  阿部 幸雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J100-C   No.8   pp.302-309
公開日: 2017/07/14
Online ISSN: 1881-0217
論文種別: 招待論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
地中レーダ,  FDTD法,  GPU,  鉄筋コンクリート,  社会インフラ点検,  

本文: FreePDF(2.3MB)


あらまし: 
現在,トンネルや道路などインフラの劣化が社会問題化しており,異常箇所を効果的に早期発見することが必要とされている.このような社会インフラの検査センシングには地中レーダが有効である.しかしながら,例えば,鉄筋コンクリート下の空洞検出のような電磁波が多重散乱しレーダ画像が複雑になるような場合では,信号処理をしても空洞の判定が困難で熟練技術者による判読が必要になる問題があり,得られたレーダ画像の検証や検出可能な物体サイズなどの理論的検討が必要であった.そこで本研究では,地中レーダを用いた鉄筋コンクリート下の空洞を客観的・定量的に検証するために,GPUを用いたFDTD法による高速地中レーダシミュレーションにより空洞検出特性を明らかにする.