建物壁の窓モデルによる電磁波散乱の解析

清水 将行  白井 宏  佐藤 亮一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J100-C   No.7   pp.295-301
公開日: 2017/06/07
Online ISSN: 1881-0217
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
高周波漸近解法,  幾何光学的回折理論,  GTD,  光線・モード変換,  建物壁,  窓散乱,  

本文: PDF(1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
建物壁に開けられた窓による電磁波の散乱特性を解析するために,厚みのある導体二次元スリット中に装荷された誘電体層による平面電磁波の回折界を定式化した.この定式化には,スリット開口が波長に比べて十分大きいことを念頭に,高周波漸近解法である幾何光学的回折理論(GTD)と光線・モード変換を適用した.中空の場合や,実際のガラスの誘電率や厚みを想定した数値計算により,建物壁の窓を介して回折する電磁波の特性について議論している.