人工知能から自然知能へ:自然に潜む計算能力の活用

金 成主  成瀬 誠  青野 真士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J100-C   No.6   pp.261-268
公開日: 2017/05/16
Online ISSN: 1881-0217
論文種別: 招待論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 
自然計算,  人工知能,  多本腕バンディット問題,  意思決定,  

本文: FreePDF(1.4MB)


あらまし: 
我々は先行研究において,意思決定問題を物理的に解く新しい計算原理である「綱引き原理」を提案した.本研究では,無線通信におけるチャネル割当ての全体最適解の計算を,「ユーザ内意思決定」と「ユーザ間相互作用」を表現する綱引き原理の導入により物理的に実現できることを示す.そこでは,複数のシリンダ内の二種類の流体のダイナミックスが利用される.この「全体最適意思決定装置」を使うことにより,膨大な計算コストが要求される評価値の計算を流体の物理プロセスに委ねることができ,高々ユーザ数に比例したコストを要する操作(シリンダ内の流体界面の上下運動)を繰り返すだけで,全体最適解を得ることができる.これは,自然現象の揺らぎ,保存則,アナログ性から,知的能力を引き出す新しい試みである.