構造性複屈折を考慮した多幅多モード干渉計型偏波分離器の設計

庄原 大祐  盧 柱享  荒川 太郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J100-C   No.5   pp.259-260
公開日: 2017/04/12
Online ISSN: 1881-0217
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
偏波分離器,  構造性複屈折,  多モード干渉計,  量子井戸,  

本文: PDF(397KB)
>>論文を購入


あらまし: 
量子井戸コア層における構造性複屈折を考慮した,多幅多モード干渉型(MMI)偏波分離器を提案した.有限差分ビーム伝搬法により構造の最適化を行い,素子長616 μm,挿入損失は4 dB以下,偏波消光比15 dB以上を得られる構造を見いだした.