2面の電磁界を用いた干渉波環境下における波源分布の分離逆推定法

杉本 義喜  新井 宏之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J100-B   No.9   pp.817-825
発行日: 2017/09/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 特集論文 (高度化する無線システムの基盤となるアンテナ・伝搬及び関連システムの論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
逆問題,  波源再構成,  等価電磁流,  分離逆推定,  

本文: PDF(1.9MB)
>>論文を購入


あらまし: 
逆問題に基づく波源の再構成手法は有限領域の電磁界分布から波源表面あるいは極近傍領域の波源分布を逆推定することができるが,測定領域外部からの干渉波や反射波によって推定精度が劣化する問題があった.本論文では2面の測定電磁界分布を用いた波源分布の分離逆推定手法を提案している.本手法では波源の周囲で電磁界分布を2面測定し,内部界表面と外部界表面の2面を設定して逆問題を解くことでそれぞれの表面固有の波源分布を再構成することができる.直交座標平面及び球面上の波源分布に対して本手法を適用し,数値解析と実測により本手法の有効性を明らかにしている.