フェイズドアレーの誤差解析とキャリブレーション技術

高橋 徹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J100-B   No.9   pp.748-763
発行日: 2017/09/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 招待論文 (高度化する無線システムの基盤となるアンテナ・伝搬及び関連システムの論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
フェイズドアレー,  誤差解析,  キャリブレーション,  

本文: FreePDF(1.5MB)


あらまし: 
本論文では,アナログビームフォーミングを前提としたフェイズドアレーのキャリブレーション技術を議論する.フェイズドアレーのキャリブレーションで重要なのはアレーアンテナとして空間合成した放射界から各アンテナ素子の放射界を測定する技術である.本論文では,この測定技術の比較検討を行う.また,実用上有効な位相変調による測定技術について,その誤差に焦点を当てた議論を行い,最終的に非常に簡潔な式でキャリブレーション誤差を見積もることができることを示す.