4Kディジタルシネマの開発と次世代メディアトランスポートへの展開

藤井 竜也  藤井 哲郎  小野 定康  青山 友紀  
(システム開発・ソフトウェア開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J100-B   No.9   pp.638-649
発行日: 2017/09/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 招待論文 (100周年記念招待論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
SHD映像,  4Kディジタルシネマ,  LDGM-FEC,  DCI国際標準化,  MMT国際標準化,  

本文: FreePDF(1.6MB)


あらまし: 
筆者らは映像コンテンツの王様である映画のディジタル化と,ディジタル化されたコンテンツのネットワーク配信を目指して4Kディジタルシネマ伝送システムの開発を進めた.4K映像はフィルムをディジタルに置き換えるメディアとして米国映画業界(ハリウッド)に受け入れられ,ハリウッドが進めていたDCI規格に組み込まれ,その後SMPTE及びISOの国際標準となった.また,大容量の映像コンテンツ伝送を可能とする次世代メディアトランスポート技術について前方誤り訂正符号の開発を行い,MMT (MPEG Media Transport)に提案してISO国際標準化を実現した.超高速通信の時代に適した高品質な映像メディアの究極の追求に始まり,テラビットメディアの流通を促進する新たな伝送方式を開発して国際標準化を実現してきた取り組み,更にその経験と知見からの提言を述べる.