OFDMAランダムアクセスのマルコフ連鎖モデル化とその性能解析

上井 竜己  長尾 勇平  ラナンテ レオナルド ジュニア  黒崎 正行  尾知 博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J100-B   No.7   pp.492-504
発行日: 2017/07/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 特集論文 (未来を切り拓く若手論文特集)
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
IEEE 802.11ax,  無線LAN,  OFDMA,  ランダムアクセス,  マルコフ連鎖,  

本文: PDF(1.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
次世代無線LAN規格IEEE 802.11axにおいて採用が決定しているUplink-Multi User送信では,Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)ランダムアクセスが検討されている.本論文ではOFDMAランダムアクセスのマルコフ連鎖モデルを提案し,提案モデルがIEEE 802.11規格におけるDistributed Coordination Functionの性能解析モデルとして基本的なモデルであるBianchiモデルの拡張モデルとみなせることを示す.提案モデルを用いてOFDMAランダムアクセスの通信効率とスループットを解析し,解析結果と計算機シミュレーション結果の比較を通して,稠密環境におけるOFDMAランダムアクセスの性能を高精度に解析可能であることを示す.更に,OFDMAランダムアクセスの通信効率をMedium Access Control (MAC)パラメータに着目して解析し,環境に応じてMACパラメータを設定することで,通信効率が向上することを示す.