光メトロ・アクセス統合型ネットワーク向け光アドホックネットワーク

伊佐治 義大  佐藤 丈博  岡本 聡  山中 直明  大木 英司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J100-B   No.7   pp.469-479
発行日: 2017/07/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 特集論文 (未来を切り拓く若手論文特集)
専門分野: 光ファイバ伝送
キーワード: 
光アドホックネットワーク,  アクセスネットワーク,  故障救済,  OLSR,  

本文: PDF(2.7MB)
>>論文を購入


あらまし: 
エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN)では,災害等によるネットワーク故障発生時にアクティブ型のOptical Distribution Network (ODN)により柔軟にアクセスパスを再構成し,他局舎のOptical Line Terminal (OLT)がOptical Network Unit (ONU)を再収容することで,接続性を回復するリストレーションが期待されている.しかし,多数の局舎が機能停止するような大規模災害時においては,OLTとONU間の距離制限によりアクセスパスが確立不可となる課題がある.そこで本論文では,上記の課題を解決するためのONU救済技術として,光アドホックネットワークを提案する.そしてONU救済率を評価するために提案方式をモデル化し,ONU救済率の解析式を導出する.災害環境を考慮した故障率を設定し,数値計算によりONU接続保持率を算出した.結果,東日本大震災を想定したONU接続保持率ではリストレーションと比較し最大で約35.7%のONU接続保持率の向上が期待できることが示された.