次世代SBASで利用するGPS航法メッセージの検討

北村 光教  麻生 貴広  坂井 丈泰  星野尾 一明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J100-B   No.4   pp.344-353
発行日: 2017/04/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 論文
専門分野: 航行・誘導・制御方式
キーワード: 
GPS,  GNSS,  SBAS,  CNAV,  LNAV,  

本文: PDF(2.8MB)
>>論文を購入


あらまし: 
静止衛星型衛星航法補強システム(SBAS)は,航空航法において衛星測位システム(GNSS)を用いた測位の安全性と信頼性を担保する補強システムの一種として利用されており,更に近年では次世代規格の検討も行われている.その中で,航法メッセージの選択が課題の一つとして挙げられている.具体的には,現行SBASでも利用している従来の航法メッセージ(LNAV)と新しい航法メッセージ(CNAV)から,次世代SBASにおける補強に適する航法メッセージを選択する必要がある.そこで本論文では,これらの航法メッセージの内容や,その衛星軌道・時計の精度について評価することで,次世代SBASの補強対象として適当な航法メッセージを明らかにする.評価の結果,次世代SBASにおいてLNAVとCNAVはいずれも十分な衛星軌道・時計精度を有しているため有意な差が見られず,また高精度な測位信号であるL5帯Q相信号の利用に要するコストを勘案すると,次世代SBASではLNAVを補強することが適当との結論を得た.