MANETにおけるおとりパケットを用いたブラック/グレイホール攻撃ノードの検知方式

今井 隆司  山本 潮  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J100-B   No.2   pp.111-120
発行日: 2017/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2016GTP0011
論文種別: 特集論文 (新たな通信技術を創造する学生論文特集)
専門分野: 地上無線通信,放送技術
キーワード: 
MANET,  ブラック/グレイホール攻撃,  おとりパケット,  

本文: PDF(686.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,無線アドホックネットワークにおけるブラック/グレイホール攻撃の影響を軽減するために,「おとり」パケットを用いて悪意のあるノードを発見する方式を提案する.提案方式では,送信元ノードから宛先ノードまでの経路構築プロセスにおいて悪意のあるノードの発見を試みる.隣接ノードとの経路構築のための制御パケットの送受信において挙動が怪しいと判断した場合に1ホップのおとりパケットをブロードキャストし,その対応により悪意のあるノードかどうかを判断する.提案方式により,ネットワークへのオーバヘッドを抑えながら悪意のあるノードを発見することでパケットが廃棄されることを抑え,パケット到達率などの通信性能の低下を防ぐことができると期待される.