無線マルチホップネットワークにおけるモバイルエージェントを利用した経路間干渉考慮型二重経路ルーチング

藤川 丈自  山野辺 史久  塩川 茂樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J100-B   No.11   pp.912-922
発行日: 2017/11/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
無線マルチホップネットワーク,  位置情報利用型ルーチング,  二重経路ルーチング,  モバイルエージェント,  

本文: PDF(1.6MB)
>>論文を購入


あらまし: 
有線ネットワークと異なるルーチングが用いられる無線マルチホップネットワークにおいて,負荷分散を目的とした二重経路ルーチングが注目されている.過去に提案された経路間干渉を考慮した二重経路ルーチングでは,制御パケットのフラッディングを用いて二重経路を取得している.しかしながら,フラッディングによりネットワーク全体に与える負荷が大きくなるにもかかわらず,得られた二重経路が必ずしも適切ではないという問題がある.また,パケットに対して転送経路の設定を行う際,得られた二重経路のそれぞれの品質を考慮していない.そこで本論文では,モバイルエージェントを用いて経路間干渉を考慮した適切な二重経路を算出するアルゴリズム,及び得られた二重経路に対してパケットの転送経路を適切に設定する手法を提案する.コンピュータシミュレーションによる性能評価の結果,従来の二重経路ルーチング方式と比較して提案方式が有効であることを示す.