誤差の周波数拡散と加算平均処理による耳音紋認証の精度向上

矢野 昌平  荒川 隆行  越仲 孝文  今岡 仁  入澤 英毅  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J100-A   No.4   pp.161-168
発行日: 2017/04/01
Online ISSN: 1881-0195
論文種別: 論文
専門分野: 電気音響,音響一般
キーワード: 
外耳道伝達関数,  バイオメトリクス,  サポートベクターマシン,  インパルス応答,  TSP,  CSN-TSP,  

本文: PDF(1.9MB)
>>論文を購入


あらまし: 
外耳道の音響特性を示す外耳道伝達関数ECTF (Ear Canal Transfer Function)をバイオメトリクスデータとした個人認証について検討する.計測データにイヤホン着脱による観測揺らぎや背景雑音等の計測誤差が含まれている場合,認証精度が低下することが知られている.そのため,計測誤差に対するロバスト性が求められている.本論文では,CSN-TSP (Constant Signal to Noise ratio Time Stretched Pulse)信号によるECTFの取得法と加算平均処理をもちいた耳音紋認証の精度向上法を提案する.これらの方法を用いることで,雑音性の誤差を全周波数帯域に分布させ,個人認証に有用な周波数帯域の特徴取得と,観測揺らぎの影響を低減することが可能となる.有効性を評価するため,被験者34人のECTFデータに誤差を付加するシミュレーション実験,TSP信号とCSN-TSP信号を用いて被験者14人のECTFを求める計測実験及び,加算平均法の有効性の確認実験を行った.その結果,個人識別に有用な特徴取得が可能となることを確認し,分類誤差Error (Classification Error)=1%以下を得た.