自然・人工シーンの識別における中心視と周辺視の機能差に関する一検討

田邊 喜一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J100-A   No.1   pp.66-69
発行日: 2017/01/01
Online ISSN: 1881-0195
論文種別: 特集レター (ヒューマンコミュニケーション〜ヒト・モノ・コトのつながりをデザインするコミュニケーション技術〜論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
中心視,  周辺視,  瞬間提示,  時空間特性,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
中心・周辺視野同時瞬間提示手法を用いて,カテゴリー識別過程の時空間特性を検討した.50msの提示時間では周辺視の正答率が高く,100msの提示時間では同等の正答率となった.50msの提示時間では,中心視野に提示された人工シーンを自然シーンと誤答する比率が高かった.