マイクロ生体認証の提案とその一事例報告

藤田 真浩  眞野 勇人  村松 弘明  高橋 健太  西垣 正勝  
(バイオメトリクス研究専門委員会推薦論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J100-A   No.12   pp.465-474
発行日: 2017/12/01
Online ISSN: 1881-0195
論文種別: 特集論文 (バイオメトリクス論文小特集)
専門分野: プライバシー
キーワード: 
生体認証,  微細生体部位,  肌理,  なりすまし,  追跡可能性,  認証精度,  

本文: PDF(1.8MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,「マイクロ生体認証」と呼ばれる新たな生体認証メカニズムを提案する.本メカニズムは,生体の微細部位を生体認証へ応用するものである.微細部位を利用することによって,なりすましに対する高い耐性を有し,かつ,プライバシー(追跡可能性)に対する配慮がなされた生体認証が実現される.生体部位の静的な生体情報を利用することで,実用レベルの認証精度も達成可能である.本論文では,マイクロ生体認証の一事例として,マイクロスコープによって撮像される人間の微細肌理画像を用いた生体認証システムを構築した.ユーザ実験を通じて,肌理を利用したマイクロ生体認証の有用性を検証した.その結果,肌理を利用したマイクロ生体認証が,なりすましに対する高い耐性を有すること,追跡可能性に対する十分な配慮がなされていること,実用レベルの認証精度を有することを確認した.