畳み込みニューラルネットワークを用いた生体検知手法

伊藤 康一  岡野 健久  青木 孝文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J100-A   No.12   pp.455-464
発行日: 2017/12/01
Online ISSN: 1881-0195
論文種別: 特集論文 (バイオメトリクス論文小特集)
専門分野: 生体検知
キーワード: 
なりすまし,  生体検知,  畳み込みニューラルネットワーク,  顔認証,  バイオメトリクス,  セキュリティ,  

本文: PDF(2.7MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,畳み込みニューラルネットワークを用いた生体検知手法を提案する.生体特徴を用いた個人認証システムの多くでは,カメラで撮影された生体特徴の画像を入力として用いる.例えば,顔認証では,顔画像を入力とするため,カメラで顔を撮影することが必須である.顔画像は,本人がインターネット上で公開していることが多いため,印刷した顔画像やディスプレイに映した顔画像をカメラに入力することで,簡単に本人になりすますことができる.そのため,認証の前に本物の顔画像が入力されているかを確認するための生体検知を行う必要がある.紙に印刷した顔もディスプレイに表示された顔も実際の顔も同じ人物であるため,それらを区別するような特徴量を設計することは,困難である.そこで,本論文では,畳み込みニューラルネットワークを用いて生体検知のための特徴量抽出を行う.生体検知手法の性能を評価するための顔画像データベースを用いた実験を通して,提案手法の有効性を実証する.