輝度値共起ヒストグラムを用いた荷物所持に頑健な歩容認証

鈴木 温之  村松 大吾  槇原 靖  柏本 雄士朗  八木 康史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J100-A   No.12   pp.444-454
発行日: 2017/12/01
Online ISSN: 1881-0195
論文種別: 特集論文 (バイオメトリクス論文小特集)
専門分野: 身体的・行動的特徴
キーワード: 
歩容認証,  荷物所持,  輝度値共起ヒストグラム,  対数ゆう度比,  計量学習,  

本文: PDF(1.9MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,輝度値共起の計量学習に基づく荷物所持に頑健な歩容認証手法について述べる.歩容認証の分野では,歩容エネルギー画像(Gait energy image: GEI)を始めとする,見えに基づく特徴画像表現が幅広く用いられている.見えに基づく特徴画像を照合する際には,輝度値の差が大きいほど相違度が大きくなるような尺度を用いるのが一般的であるが,荷物所持状況が変化する場合には本人同士であっても相違度が大きくなり,他人同士の相違度を上回る場合がある.そこで,本研究では,照合する二つの特徴画像間の各画素の輝度値共起に対して,本人同士・他人同士を識別するのに適した相違度を設定する計量学習手法を導入する.具体的には,荷物所持状況の変化を伴う歩容特徴の組から輝度値共起ヒストグラムを算出し,輝度値共起ごとに本人・他人間の対数ゆう度比を求め,輝度値共起ヒストグラムとその対数ゆう度比との内積として相違度を定義する.実験では,荷物所持の有無を伴う2,070人の被験者による精度評価を行い,従来手法よりも高い精度を達成した.