復元及び再生成の条件を一般化した再生成符号とその構成法

鎌塚 明  東 優太  吉田 隆弘  松嶋 敏泰  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J100-A   No.11   pp.411-420
発行日: 2017/11/01
Online ISSN: 1881-0195
論文種別: 論文
専門分野: 符号理論
キーワード: 
再生成符号,  秘密分散法,  一般アクセス構造,  複数割当法,  整数計画法,  

本文: PDF(536.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,復元及び再生成に関する条件を一般化した再生成符号のモデルとその構成法について考える.従来,[n, k, d]-分散ストレージシステムにおける再生成符号の構成法が数多く検討されているが,復元及び再生成に関する条件を一般化した下での構成法を与えることで,各ストレージの耐故障性や処理能力に応じた柔軟な分散ストレージの設計が可能になる.具体的な構成法としては,一般アクセス構造をもつ秘密分散法の構成法と同様に,複数割当法を用いた構成法を提案する.特に,整数計画問題を解くことにより,提案法においてストレージ平均を最小にした下で修復バンドワイズ平均を最小にするような割当法による構成法を提案する.